消費者金融?:消費者金融などは銀行から数%の金利でお金を借り...

消費者金融などは銀行から数%の金利でお金を借りて、借りたお金を上限金利の29.2%で個人に貸し出した差額で利益を得ています。
例えるならば消費者金融が銀行から100万円を1年間借りた場合の利息は年利5%でしたら5万円の利息です。
消費者金融は銀行から借りた100万円を個人に年率29.2%で貸した場合の金利は29万5千円になるのですからおいしい話です。
消費者金融は銀行に5万円返しても24万5千円は消費者金融の利益になるのです。

審査の甘い消費者金融への過払い金の請求は司法書士や弁護士に依頼し、1件4万円程で債務整理できます。
審査の甘い消費者金融での借り入れを繰り返し、返済をし続け、完済した場合でも、過払い金を請求することができます。
私の知人は審査の甘い消費者金融6社からの借り入れを10年以上かかって完済しました。
弁護士と相談し消費者金融会社に過払い金の請求をしたところ6社から合計約300万円程返還されたようです。
私の知人は審査が甘くても消費者金融からの借り入れは今後はしないと決めているそうです。

各消費者金融は独自の判断で審査を甘くし、審査結果のよい人にはどんどん融資枠をあげて借り入れしてほしいのです。
審査の甘い消費者金融は競合他社に対抗するためにも審査を甘くし、リスクを背負ってでも業績を伸ばし、個人への融資を増やしたいのです。

過払い金の請求によって審査の甘い消費者金融からの借金がなくなり手元にお金が残ることもあります。
過払い金の請求金額は審査甘い消費者金融からの返済期間が長いほど返還額が高くなります。
審査の甘い消費者金融に過払い金を請求しても返済期間が短い場合は返還金が低く、借金の総額は減額できますが返還金までは望めないことがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。