消費者金融を考える:消費者金融での申し込みの際は他社借り入れ...

消費者金融での申し込みの際は他社借り入れ状況を聞かれる事があります。
消費者金融の申し込みをするときに他社借り入れがあるにもかかわらず、借り入れ無しと申告しても実際は信用情報機関により借り入れ情報の確認がとれますので、申告は正直に書いた方が信用度は上がります。
審査の甘い消費者金融から、何社も借り入れた結果、多重債務となる方が多いようです。
多重債務になると月々の返済のため新たに審査の甘い消費者金融から借り入れを繰り返すという悪循環に陥ります。

おまとめローンが通らないほどの多重債務であれば債務者に支払いの能力がないと考えられます。
債務者に支払いの能力がないということは審査の甘い消費者金融でも新たな借り入れをすることができないということです。

消費者金融は3件規制といって、4社から借り入れを行っている人には融資をしないという自主規制のルールがあります。
しかしブラックの方が審査の甘い消費者金融を実際に利用するときは他社の借り入れが8件以上の方が多いようです。
審査の甘い消費者金融の審査の基準とはどのようになっているのでしょうか。

審査の甘い消費者金融への支払いが難しくなると、自己破産をしようと考える方が多いかもしれません。
しかし、自己破産をしなくても審査の甘い消費者金融に払い過ぎた利息を取り戻す法律があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。